このブログの画像表示について。
この環境、守っていかなければ。
簡易画面拡大・縮小 / QRコード
  詳細表示▼
QR
携帯QRコード
FC2カウンター
時計

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. Yurianus

    Yurianus

    2012-06-22 (Fri) 21:35

    白トンビさん、こんばんは。
    面白い記事ですね、さすがにその道に長けた方の見方です。野鳥はただ風にのって飛んでいるものだとばかり思っていましたがこんなテクニックもあるんですね、勉強になりました。
  2. Shirotonbi

    Shirotonbi

    2012-06-23 (Sat) 21:32

    Yurianusさん、コメントありがとうございます。
    図鑑などに記載のあるアホウドリやミズナギドリのなかまが行うダイナミック ソアリング(帆翔)の応用のようです。
    かなり特殊な飛び方ですが、RCグライダーではこのダイナミックソアリングをすることがあるようです。
    残念ながらパラグライダーでは危険すぎて出来ません(^^)
  3. Kasuga

    Kasuga

    2012-06-24 (Sun) 07:08

    はじめまして^^

    去年、コシジロウミツバメを内陸で、
    羽をバタつかせて飛べないでいるところを保護しました。
    単に陸地からは飛び出せないだけでしたが、
    野生動物保護をしている獣医に預けました。
    (その後、無事放鳥されました。)

    その時の感想から言うと、
    コシジロウミツバメであればもう少し灰色っぽい感じがします。
    (下から3枚目が体色を見易いと思います。)
    私も識別できるほど詳しくは無いのですが・・・。

    あまり画像も少ない鳥ですので、目に留まりました^^
    貴重な写真ですね。
  4. シロトンビ

    シロトンビ

    2012-06-25 (Mon) 17:28

    kasugaさん、こんにちは。コメントありがとうございます(^^)
    先日、管理画面の訪問者リストからkasugaさんのブログを拝見させていただいた所でした。ハクトウワシやオジロワシ、見てみたいです。
    話しはコメント頂いた内容に戻りますが、目視の段階では真っ黒に見えました。コシジロウミツバメはもう少しグレーっぽいのですね。もう少し近くで腰のあたりを撮れたらよかったのですが、クロコシジロウミツバメの可能性が高いのかもしれないですね。
    いずれにしても、無事海まで帰れた事を祈ります。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

908

コシジロウミツバメorクロコシジロウミツバメ?



一昨日、河原でオオミズナギドリを見ていると小さな海洋性水鳥と思われる個体が飛んできました。はじめは水面を縦横無尽に飛んでいましたが、そのうち水面ギリギリに足を垂らしながら飛びはじめました。どうやら強い南風と川の流れが摩擦で相殺され、風速が弱まっているウインドグラジェント域を使って飛んでいるようで、かなりの南風が川上に向かって吹いているのに、川の流れの速さとほぼ同等ぐらいで飛んでいきます。何度か上流下流を行き来していましたが、最後は川から離れ西側の水田地帯のほうへ飛んで行きました。

一緒に飛んでいたオオミズナギドリの翼長と比較すると、1/3ぐらいの翼長。全体が黒く腰が白いのと図鑑に記載の飛び方も一致するので、コシジロウミツバメのようですが、殆ど同じ特徴でやや黒味が濃いクロコシジロウミツバメという鳥もいるので、正直どちらか判りません。
もう少し近くで撮影出来れば特定も出来たかもしれませんが、うーん。。。

画像は、ほぼ等倍切り出しのものを並べてみました。今回はかなり遠かったので画質云々抜きです。ご容赦ください。

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2012-06-22 (Fri)
  • Category : 未分類
4

Comment

  1. Yurianus

    Yurianus

    2012-06-22 (Fri) 21:35

    白トンビさん、こんばんは。
    面白い記事ですね、さすがにその道に長けた方の見方です。野鳥はただ風にのって飛んでいるものだとばかり思っていましたがこんなテクニックもあるんですね、勉強になりました。
  2. Shirotonbi

    Shirotonbi

    2012-06-23 (Sat) 21:32

    Yurianusさん、コメントありがとうございます。
    図鑑などに記載のあるアホウドリやミズナギドリのなかまが行うダイナミック ソアリング(帆翔)の応用のようです。
    かなり特殊な飛び方ですが、RCグライダーではこのダイナミックソアリングをすることがあるようです。
    残念ながらパラグライダーでは危険すぎて出来ません(^^)
  3. Kasuga

    Kasuga

    2012-06-24 (Sun) 07:08

    はじめまして^^

    去年、コシジロウミツバメを内陸で、
    羽をバタつかせて飛べないでいるところを保護しました。
    単に陸地からは飛び出せないだけでしたが、
    野生動物保護をしている獣医に預けました。
    (その後、無事放鳥されました。)

    その時の感想から言うと、
    コシジロウミツバメであればもう少し灰色っぽい感じがします。
    (下から3枚目が体色を見易いと思います。)
    私も識別できるほど詳しくは無いのですが・・・。

    あまり画像も少ない鳥ですので、目に留まりました^^
    貴重な写真ですね。
  4. シロトンビ

    シロトンビ

    2012-06-25 (Mon) 17:28

    kasugaさん、こんにちは。コメントありがとうございます(^^)
    先日、管理画面の訪問者リストからkasugaさんのブログを拝見させていただいた所でした。ハクトウワシやオジロワシ、見てみたいです。
    話しはコメント頂いた内容に戻りますが、目視の段階では真っ黒に見えました。コシジロウミツバメはもう少しグレーっぽいのですね。もう少し近くで腰のあたりを撮れたらよかったのですが、クロコシジロウミツバメの可能性が高いのかもしれないですね。
    いずれにしても、無事海まで帰れた事を祈ります。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

記事一覧
* * *

©Plug-in by ASIA SEASON
FC2ブログランキング
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。